多度大社でのお参り

三重県にある「多度大社」に行ってきました(^_-)-☆
多度大社でのお参り
 三重県には有名な神社がいくつもあるのですが、一番有名なのは「伊勢神宮」といって、みなさんも一度は名前を聞いたことがあると思います。

 

今回紹介するのは「伊勢神宮」ではありませんが、三重県の有名な神社の一つである「多度大社」という場所です。写真は「多度大社」に向かう途中に車の助手席から撮ったもので、大きな鳥居が印象的でした。
また、「多度大社」には3つの祭事があることが有名です。

 

「1つ目」が「上げ馬神事」と呼ばれるもので、5月4日〜5日に行われています。どういう祭事かというと、境内の坂を馬とともに駆け抜けて、坂を上がりきった人馬の数で、その年の豊作などを占うものになります。近くで見るとすごい迫力ですので、行ったことがない人はぜひ一度見て下さい(^^)/

 

「2つ目」が「ちょうちん祭」と呼ばれるもので、8月11日〜12日に行われています。
このお祭りですが、名前の通り「ちょうちん」がものすごい数使われています。幾千もの数のちょうちんが並ぶ姿はまさに圧巻で、夜の「多度大社」を明るく照らしてくれます。インターネットで、画像を検索してもらえればすぐに出てくると思いますので良ければ調べてみて下さい。とてもびっくりしますよ(*'▽')

 

「3つ目」が「流鏑馬祭(やぶさめまつり)」と呼ばれるもので、11月23日に行われています。「流鏑馬(やぶさめ)」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?馬に乗った人が、走り抜けながら弓矢を使って「的」を射落としいくものなります。

 

馬の上に乗っている不安定な状態から、的を見事に命中させる姿はまさに熟練の技だと思います。毎年多くの観光客が訪れるほど人気なので、ぜひ自分の目で見てみると良いですよ(*^-^*)
多度大社でのお参り
 こちらの写真は「多度大社」の入り口になります。駐車場に車を止めて少し歩くと、この場所にたどり着くことができます。右上に「階段」と「鳥居」があるのが分かるでしょうか。この階段を上って奥に進んでいくと「馬小屋」を見つけることができます。

 

中には「白い馬」が1匹いて、おそらく「藪染(やぶさめ)」の時に走る馬だと思います。

 

馬の近くには、小さな銀色の器に「にんじん」が入っていて、1皿「100円」で販売していました。

 

エサの近くには「噛みつかれないようご注意下さい」と書かれた看板があったので、エサを与える時にはご注意を(=゚ω゚)ノ

 

でも馬は、にんじんを見ると口を「パクパク」させていて、なんだか可愛かったですけどね(^^♪

 

今回は、「祭事」がある日程には行きませんでしたが、その理由として「家族と自然を見て和みたいな〜」と思って、三重県まで足を伸ばしましたからです(*'▽')

 

とても空いていてゆっくり観光することができたので、自然に囲まれて心が癒される一日でした(*'ω'*)

 

 

いつもありがとうございます♪

 

たくさんの方に読んでいただきたいので
こちらをクリックお願いします。(*^▽^*)
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


主婦ランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
必見☆主婦の知恵
おすすめ商品♪