結婚式会場

結婚式の会場です。教会の荘厳な雰囲気がとても幻想的で素敵でした。
結婚式の思い出
初めてこの会場に行った時にスタッフの方々がとても丁寧に対応してくれたり、花びらでハートのマークを作ってくれたりしてくれたのでとても嬉しかったことを覚えています。夕方ごろに行ったので周りはもう暗くなっていましたけれども、結婚式が冬の予定で、日が暮れるのが早いので夜の様子も知れてよかったです。写真を見ていただくと、大きな門が手前にあり、そこから両親に見送られて進んでいくみたいです。本番までは準備が大変でしたが、結婚式当日はすごく幸せな気持ちがいっぱいになったことを覚えています(*^-^*)
結婚式の思い出
教会の上の方を写した写真です。いくつか結婚式場を見たのですが、この式場に決めた理由の一つとしてこの教会の広さにあります。ものすごく天井が高く、ホールのような雰囲気で音が反響していました。また、この教会自体が高台のようになっているので外に出ると、景色が一望できるのも魅力的でした。人それぞれ何を一番に置くかは違いますが、後悔のないように自分の納得できる場所を選ぶことが大切だと思います。この場所で無事に式が挙げられたに、家族や友人、スタッフの方々に感謝です(*^^*)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

待合室

結婚式場の「待合室」の様子です(^^♪
結婚式の思い出
こちらの写真は、主に受付を行ったり式の打ち合わせをしたりする時に通ったりする時の場所です。何度もこの場所に足を運んで、結婚式の打ち合わせを行いました。正確には、奥に扉があると思うのですが、その中にテーブルが何個かあって打ち合わせを担当者の人たちとしていきます。また、他の結婚式場でも同じかもしれませんが、打ち合わせの度に飲み物を頂けます。これは、実際にゲストに人たちに出すものなので味もしれますし、私が旦那さんと一緒に飲んでいてとても美味しかったのが「マンゴージュース」です。今まで飲んだマンゴージュースと比べて、果汁の濃度が高いのかとても濃厚で味わい深くて美味しかったです。ずっとマンゴージュースを頼んでいたので、途中から担当者の方に「今日もマンゴージュースでよろしいでしょうか?」と聞かれるほどでした(^▽^;)
とても美味しかったので、今でもマンゴージュースを飲むときは果汁が高いものを飲むようにしています。みなさんもぜひ飲み比べてもらえるとすぐ分かると思いますので、良ければ試してみて下さいね(^^)/
結婚式の思い出
ゲストが式が始まるまでに待つ場所なので、温かくてくつろげる雰囲気なのが気に入っています。この写真は下見の時の写真なので載ってはないですが、当日はドリンクが多くそろえられていて「ウェルカムドリンク」という形で、ゲストに飲み物をお配りしています。この場所は新郎新婦が好きなように飾り付けが出来るので、2人の写真やアルバム、ぬいぐるみなどを持っていくことでたくさん飾り付けをしたことを覚えています。当日は、私たちは別室にいるので様子はよく分かりませんでしたが、後日に結婚式のDVDを見返すとみんな楽しそうに過ごしている様子が見えたのでとても良かったです。忙しい中、みなさんが集まってくれたことがとても嬉しかったです(*'▽')

内見会

内見会の時に写真です。内見会とは結婚式で実際に使うものを手に取って見ることが出来たり値段を確認したりすることが出来るので、当日に使うものを選ぶ時の参考になります。
結婚式の思い出
新郎の衣装の一部で「ネクタイ」や「ベスト」など、どのような商品があるか見ることが出来ます。タキシードの色やドレスに合わせてどんなスタイルが合うか考えるのに参考になります。見ていただくと、オシャレなデザインのものが多いですし高級感もありますのでとても素敵です。男性のスーツ姿って素敵だと思いませんか?特にベストを着ている姿に私はとても魅力を感じますので、どんな衣装にするかとても楽しみです(#^^#)
結婚式の思い出
こちらの写真は、引き出物の写真です。引き出物に主に「引き出物」「引き菓子」「名披露目」のように三品、または縁起物を二品加えた五品等、縁起の良い奇数でお贈りするのが一般的です。この写真は「引き菓子」のもので、クッキーやマカロンなどの洋菓子や、お饅頭のような和菓子も取り入れられています。また、式場によってはバームクーヘンなどを贈ることも多いので、ゲストが喜びそうなものを選べばいいと思います(*'▽')
ちなみに「引き出物」は主に、形に残るものを贈ることが多いので食器などが贈られることが多いです。「名披露目」は「なびろめ」と読み、自分たちの名前を広めるために「のし」などをつけて贈ります。最近では、このような引き出物は帰りに荷物になってしまい大変だということで「カタログギフト」という形で、後日にゲストがカタログの中から好きな商品を結婚式場に同封のハガキを出すことも多いようです(^^♪
結婚式の思い出
最後に、料理の写真になります。せっかく来ていただくので美味しい料理を振る舞いたいですよね。料理は、ご祝儀の中でも一番値段がかかるものなので、他の引き出物などと合わせて予算も考えて決めないと少し苦しくなってしまうのでバランスが難しいです。写真は「28000円」のものなので、平均的な金額よりはやや高めになっています。その分、内容は豪華にはなりますが、先ほど前述したように予算があると思いますので、衣装や演出、食事や引き出物など、どこにお金をかけてどこを抑えるかというところが大事です。理想は全部やりたいものをやるのが一番ですが、現実はそうはいきません。なので、抑えるところは抑えたり、招待状など手作りで出来るものは自分たちでやる等して自分たちで工夫してやりくりしたことを覚えています。結果的には、バランス良く出来て、ゲストの人たちにも喜んでもらえたので良かったと思います。みなさんも、これから式を挙げる際にはこういったバランスや工夫をしていくと自分たちに無理がないのでやってみて下さい(^^♪

 

いつもありがとうございます♪

 

たくさんの方に読んでいただきたいので
こちらをクリックお願いします。(*^▽^*)
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

必見☆主婦の知恵
おすすめ商品♪